バリ島注意

【総額4億OVER】バリ島での入院&治療費のやべえ話すっから、同じ轍は踏むな!

バリ島旅行のみかたLINEスタンプ バリ島旅行のみかたオリジナルTシャツ

手術費のはなし


手術をしなければいけないことが分かったら、そこからは保険にはいっていたかどうかの確認と、各方面への電話、動けない身体とは裏腹に頭はフル回転させられていた。

この時点で確実にわかっていたことは”結構最悪”だということだけ。

それに上乗せする形でリアルなお金の話がぼくに告げられた。

日本の病院と違い、インドネシアの場合、手術費が確保できていないと手術は始まらず、しかしそこにいるだけで入院費はどんどんかさむというのだ。その額はざっくりと1日Rp.5,000,000(4万円)。何もしなくてもそこで寝ているだけで4万円が溶けてなくなっていく。超高級ホテルでもそんなにしない。国内最高峰のムリアに泊まれる。

【高貴過ぎる!!】バリ島最高峰ホテル”ムリア”ってどんな所?PR

保険も入った記憶がなく、このままいけば全額実費負担。

背中の骨が折れるだけでこんなことになるのかと酷く落ち込んだ…。

そんな絶望の中、更なる追い打ちをかけるように「手術費の見積もり」というものが運ばれてきた。

「こちら手術費とその後の入院費の見積もりですー。」

「あ、はい。」


ゼロが多すぎてマジでよくわからなかった。

いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、ひゃくま……せんま……おく………よんおくなな……だいたいごおく。

ごおく。

五億。


Rp.500,000,000。

インドネシアルピアは後ろのゼロを2つ消すと大体日本円と同じくらいになって見やすいと言われているが、億単位になってしまうと見やすくもなんともない。むしろ見にくい。わかりにくい。ただ指が邪魔なだけ。

っていうかそんな大金があるわけない。

つい昨日まで1万ルピア(80円)のナシゴレンをうまいって言ってたやつに5億ルピアなんてあるわけがない。

”っていうか5億ルピアっていくらだよ。億といえばドリームジャンボだろうが。ジャンボといえばビート内藤さんだろうが。”

そんな風に僕はただ大混乱した。

海外旅行保険のはなし


混乱の中で、ただ1つだけ、いや2つ、いや3つ、僕に射した光があった。

1つはカイリがいた。1人だったらマジで大変、コンタクトレンズ入れるケースすらない。日本の編集部とのやり取り、病院のやり取りはほぼ全てやってくれた。

2つめは編集部がいた。やべーやべーなってる場所とは少し離れて冷静な味方がいてくれることは心強かった。というか最終的に編集部がいなかったら僕は今頃、大工の親父に弟子入りしていただろう。

そして、最後はクレジットカードの付帯保険というものがあった。僕が日本からバリ島までの航空券を購入した際に使用したクレジットカードが「楽天カード」だったので、現地に到着してから3か月は海外旅行保険が付いていたようだ。額はMAX200万円。しかも一度こちらで立て替えるといったこともなく、めちゃくちゃスムーズ。これは奇跡。神。

 


僕が運ばれたのはBIMCという有名な病院で、(これは後からわかったことだが)どうやらここは「バリ島内でも屈指のクオリティ&値段の高さ」ということがわかり、実費確定の僕は少しでも安いデンパサールエリアにあるスルヤフサダ病院に移った。後に動画でアップする予定だが、綺麗な病院だった。転院の手続きはジャカルタにあるという保険会社さんと病院が進めてくれていた。

僕がやらなければいけなかったのは持っている全てのクレジットカードの限度額の確認。転院しても1日数万円はかかってしまう。実費分をすぐにでも払わないと手術の手続きに進めないことに変わりはないのだ。

 

そのあとの記憶は正直あまりない。クレジットカードを家から持ってきてもらい、デビットカードも合わせてなんとかお金のことはクリアになった。あとは手術うんぬんだけ。転院後の病院にも日本人スタッフさんがいたし、部屋もめちゃくちゃ綺麗だったから特に「お医者さんの腕が…」みたいなことは気にならなかった。

お金の確保さえできれば手術まではかなりスピーディーだった。「手術、いつしたいですか?最短で今日の夜ですね。」くらい早かった。記憶に残ってるのは術後に気づいたら全裸だったことと挿管したので喉がガサガサだったことくらい。

あとはワルンマランのスタッフが仕事終わりにお見舞いに来てくれたこと。1人初対面の人がいて笑った。


あ、モスクの偉い人たちも。前にここのモスクが経営している孤児達に募金したことがある。といってもかなり前なので、宗教的に偉い人はとても義理堅いということを学んだ。でも彼らがお見舞いに持ってきてくれたパダン料理は辛くて全然食べれなかった。

それに昔から友達のヤヤンにバリ倶楽部の喜古さん一家、SNSで話題のカーチャーターガイドのドイちゃんなど多くの方々がお見舞いに来てくれた。

手術後は傷も塞がりきらないまま、入院費のこともあるので、すぐに退院。今はご覧の通り普通に歩ける。退院後は経過観察で2回病院に行ったが、30秒診てもらうだけで1万円くらいするので「もう来たくない」といったら「痛くなったらおいで」という流れになった。もちろん痛くなってないので行ってない。



そんな感じで僕が今回の事故でかかった費用をざっとまとめてみたらこんな感じだ。

ここからクレジットカードの海外旅行保険が適用され、自腹分は約170万円はということになった。

≫次ページ:強く言いたいこと

ページ:
1 2

3

4

関連記事

  1. 海に浮かぶタナロット寺院には絶景が広がっていた。
  2. 超ややこしいインドネシア語「saja」を丁寧に解説!ジャパネシア…
  3. 【5/20(金)19:00~@神田駅】バリ島旅行のみかたオフ会開…
  4. バリ国際マラソン2018で僕と握手~人は炎天下のマラソン中にバナ…
  5. バリ島の祝祭日に各家庭で作られるご馳走「ラワール」の作り方をご紹…
  6. 女子力UP確実!? バリ島大人気のスパ 「フランジパニ」をご紹介…
  7. バリ島旅行のみかたメインライターホリって一体どんな人物なんだ?
  8. バリ島サヌールの老舗セガラヴィレッジホテルに泊まってみた…

コメント

    • はな
    • 2018年 6月 05日

    海外旅行保険、ホント大事です。
    クレカ付帯の保険で今回カバー出来たみたいですが、クレカ付帯は利用付帯と自動付帯の二種類があります。
    楽天カードは、利用付帯。航空券をカード購入していたから、保険適用。
    そしてカード付帯補償額はそんなに多くないので、別に海外旅行保険に入る事はお勧めします。
    私もスパでスクラブに被れて身体中に発疹が出て、BIMCに行きました。その時、保険に入っていたので書類一枚書くだけでキャッシュレスで治療を受ける事が出来ました。
    ホリさんも強く言ってますが、海外旅行保険は入るべきだと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着記事

PICKUP記事

  1. レンボンガン島の行き方や観光スポット・ビーチ・ホテル・交通手段まとめ!【おすすめのツアー会社と費用も!】
  2. バリ島旅行のみかたLINEスタンプ販売開始&ここだけの制作秘話!!要チェック!!
  3. 【総額4億OVER】バリ島での入院&治療費のやべえ話すっから、同じ轍は踏むな!
  4. バリ島の治安/危険/犯罪/詐欺/スリ/狂犬病情報15選と対策まとめ!旅行前に絶対知るべき!!
  5. 【2018年バリ島お土産まとめ】在住者厳選!バリ島の超人気お土産40選!
セガラヴィレッジホテル

バリ島旅行のみかたライター一覧

バリ島の文化一覧

PAGE TOP