バリ島豆知識

サーファー心に刺さるバリ島のスポット6選をご紹介!サーフィンする人、サーフトリップには大注目!

suzuri_kijiue バリ島旅行のみかたYoutube みかたブック

この記事の動画バージョンはこちら!

バリ島内でサーファーの心に刺さるスポットはこの6つ!


南の島からこんにちは、バリ島旅行のみかたホリです。(無添加ソーセージ美味しい…)

今回はサーファーにぶっ刺さるバリ島のスポット6選のご紹介。バリ島の波が良いのは周知の事実ですので、ビーチではなく、サーファーが好きな場所にフォーカスをしています。具体的にはご覧の6つの場所です。

・Luke Studer(サーフボード販売店)
・United Minds(アパレルショップ)
・Channel Islasnds(サーフボード販売店)
・kima surfcamp (サーフキャンプ)
・Deus Ex machina(アパレルショップ)
・Bukit Sausage(飲食店)

今回このコンテンツを作るにあたって、僕はサーフィンをしない人間なので、何人かのバリ島に住む日本人サーファーの方々にご協力をいただきました。なので、それなりの信用度はあるかと思います。

それではバリ島旅行のみかたスタート!

①ルークステューダー(サーフボード販売店)

1店舗目はまずはサーフボードのお店から。

 バリ島クタエリア、デウィスリ通りというローカル飲食店が立ち並ぶ大通りにあり、「とにかくボードの数が多く、お手頃価格」と人気なのがこちらのLukeStuder。

営業時間は朝9時~夜の8時までとなっております。

店内は大きな倉庫を改装したようなつくりとなっており、ショートボードからロングボードまで本当に所狭しと並んでいました。

お値段は大体4万円程度~5万円程度となっており、日本で買うよりだいぶお手頃なのではないでしょうか。

お店にいた日本語が話せるおじさん曰く、日本人のお客様も多いとのことです。

また、サーファーでもあり、バリ島現地でシュノーケリングツアー業を営む「素潜り屋バリ」の喜古さん曰く「本命の1本を見つけるというよりは、安くて気軽に使えるようなセカンドボードを探すのに合ってるお店」とのことです。

バリ島で買って、現地の友達の家におきっぱにしてる人とかも結構いますよね!

■【バリ島】素潜り屋バリ
https://www.youtube.com/channel/UCA2vQGEPtUfxAjz9r-55Qog
バリ島のレストラン、ワルン、生活ネタを中心に動画を更新中!
・Website
https://sumoguriya-bali.com/lembongan-penida-snorkeling/

②KimasurfCampBali(宿泊施設)


次にご紹介するのは「サーフキャンプ」。

日本語検索すると「サーフィン×キャンプ」になってしまい「日中にサーフィンを堪能し、夜はキャンプを楽しむ、そんな大自然を満喫」って出てきてしまいちょっと焦りました。

今回ご紹介するサーフキャンプとは、サーフィンに特化した宿泊施設のことを指し、どちらかといえばサーフィンをメインにバリ島に来る人向けの宿泊施設といったものとなっています。

その中でもこのキマサーフキャンプはバリ島の中ではチャング―、スミニャック、ブキットエリアの3か所、そしてスリランカにも拠点があり、世界中のサーファーたちには今話題のスポット。

高級リゾートホテルのようなラグジュアリーなお部屋や、スパ施設がついてるといった感じではないものの、

・毎日2回開催されるサーフガイド

・自分がサーフィンしている姿を動画で撮影して、分析をしてくれるサーフィン分析

・サーフィンに必要な体幹を鍛えるヨガ

などが料金に含まれていて、なによりも世界中から集まったサーファーたちとサーフィンをして、仲良くなりながら、上達ができるというのが最大の特徴ですよね。


サーフィン初心者からプロレベルの方まで全段階のレッスンが用意されているとのことです。

お値段は普通の宿よりはお高めで、チャング―のスタンダードルーム、空港送迎つき、1週間で1,656ユーロ、円にすると23万円程度でした。

最初みたときには普通にたっかと思ったんですが、毎日サーフガイドがついてレッスンができたり、自己分析ができたり、本当に「部活の合宿」みたいな感じでサーフィンにどっぷりつかりたい人にはイイかもですね。

③ユナイテッドマインズ(アパレル)


さぁ来ました。バリ島旅行のみかたオリジナルTシャツでもお世話になっているユナイテッドマインズのご紹介です。

バリ島レギャンエリア、ビーチから伸びる、ローカル感あふれる細い路地にあるのが、ユナイテッドマインズです。

バリ島在住で僕もかなりお世話になっているサーファーの学さんが2010年から経営するアパレルショップで、魅力溢れるバリ島のライフスタイルを様々なプロダクトに落とし込み、HAND MADE IN BALIにこだわって制作しているブランドです。

涼しく快適な素材感、軽やかな着心地、滑らかな肌触りが特徴で、「バリ島での生活をいかに快適に過ごすか。」を想定し、生地選びからパターン・縫製、プリント・染めまでをそれぞれのコンセプトに沿って一から制作。各国のサーファーたちから根強い人気を誇ります。

ここはサーファーでなくてもおすすめしたいお店ですね。

みかたブック

■MAVLOG / まぶろぐ
https://www.youtube.com/channel/UCT9fERK8V1wj3elYX9xE4tQ
バリ島に旅行やサーフトリップに来る前の事前情報を在住者からのリアルな目線で更新中!
・Website
https://unitedminds.jp/

④Deus Ex Machina(アパレル&サーフボード)


お次はバリ島チャング―のトレードマーク的存在であるDEUS。

他のエリアにもいくつかありますが、チャング―の店舗が一番大きく、品揃えも豊富です。

Deus Ex Machina(デウス・エクス・マキナ)はオーストラリア発祥のブランドで元々はモーターサイクル系のブランドとして始まりましたが、サーフィンやスケートボードといったスポーツカルチャーをミックスさせたアパレルアイテムも多数取り揃えています。

ここをピックアップした理由は「日本で買うより安い」から。

日本の場合はTシャツが大体1枚5,000円程度しますが、バリ島なら3,000円程度。パーカーやアウター・キャップなんかの小物も日本より20%~50%程度安く買うことができます!

1つ難点があるとすれば、日本人に合うようなサイズがあんまり置かれてないんですよねぇ・・・・。

でもまぁカフェも併設されているので、1-2時間ゆっくりしながらショッピングをすることができる、そんなスポットです。週末の夜はイベントが開催されてたりしていて、かなり混み合うので、ワイワイするのが好きな人はぜひ行ってみてくださいね!

⑤チャネルアイランド(アパレル&サーフボード)


お次にご紹介するのはバリ島スミニャックエリアにあるチャネルアイランド!日本ではムラサキスポーツなどでも取り扱いがある大人気サーフブランドで、前回のオリンピックにも出場していたインドネシアのプロサーファー和井田理央君も使っているとのこと。

スミニャックとウルワツに店舗があり、今回行ってみたのはスミニャックの方。

営業時間は朝の9:00 ~ 21:00で、店内はおしゃれでゆっくりした雰囲気が流れており、明らかに買わない僕のような人がじっくりボードを見ていても嫌な顔ひとつされませんでした!

お値段はざっくり5-10万円程度で、日本よりも安く手に入るので転売目的とかで買う人もいるようです!

先ほどのルークステューダーは気軽に使えるようなボードでしたが、こちらのチャネルアイランドはTHE本命みたいなボードを買うのに適しているとのことです!

バイクでいうところの街乗り用のスクーターと遠出するときのリッターバイクみたいなもんかなぁ…。

⑥ブキットソーセージ(メシ)


最後に紹介するのはウルワツエリアに位置し、欧米系サーファーにも大人気のお店ブキットソーセージ

「子供にも安全で優しいものを」というコンセプトから無添加・ナチュラルな素材を使ったソーセージを製造、販売している飲食店です。

大人気のソーセージを3種類選べる「アソーテッドソーセージ」というセットメニューはRp.95,000=760円程度でこのボリューム感。無農薬野菜のサラダもお皿からあふれるくらいにのっていて、大満足でした。

そしてなによりもこのお店を選んだ理由は店主の今井さんがサーファーだから。

店内にもサーフボードが飾られていたり、また世界的にも波が良いとされるウルワツエリアにあるため、夜な夜な集まるサーファーたちと一緒に「明日はどこの海入る?」「最近はどこの波が良いですか?」なんて会話を楽しめるかも…。

昼間はサーフィン、夜はソーセージ食べながらサーフィン談義…やったことはないけど、最高なのはわかります。

1つでもぶっ刺さる場所があれば嬉しいです!


ということで今回は「サーファーにぶっ刺さるバリ島のスポット6選」ということで、ここまでご紹介してきました。
いかがでしたでしょうか?
サーファーのあなたに一つでもぶっ刺さる場所があれば嬉しく思います。

冒頭にも申し上げましたが、わたくしホリはサーファーではありませんので、「え!ここ、入ってないなんて!」と感じた人もいるかもしれません。ぜひそういう方はコメントにて教えてくださいね!

それではまた次回の動画でお会いしましょう。バリ島旅行のみかたホリでした。

 

- バリ島旅行のみかたって? -

バリ島旅行のリアルをお届け!バリ島に実際に移住したホリ、ちゃんなる、その他ゲストライターによるガイドブックに載っていない情報をブログ・動画で更新して行きます。是非是非応援下さい!

- SNSでもバリ島を発信中 -

※なお、ホテル、高級レストラン、田舎(ウブドなど)につきましては、正直詳しくないので明確にお答えできない可能性があります。あらかじめご了承ください。


HORI

投稿者の記事一覧

ホリです。バリ島在住。企画立案、執筆、画像作成、記事編集などなんでもやります。哲学で培った本質を培う目と異常な行動力で、常識をぶっ壊しながらなんでもできます。あー、ひたすら日向ぼっこしたい。

>>ホリ略歴(プロフィール)

関連記事

  1. バリ島ウブドエリアの最新モトブログが公開!みんなはもう見た?!
  2. バリ島産の「はちみつ探しVLOG」動画が公開!観光では味わえない…
  3. バリ島の巨大スーパーカルフール!お土産・買い物・お店レポートまと…
  4. バリ島スミニャックのアクセサリーショップ!SURAジュエリーのご…
  5. 【1週間限定】バリ島の職人さんが手作りした魂のコラボジュエリーが…
  6. 【Web販売開始!】バリ島旅行のみかたオリジナルTシャツ完成!
  7. 実際にバリ島で英語留学した人達にインタビューしてみた!実際の感想…
  8. 「Nasi goreng」タンクトップで有名な「BALI♡TEE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着記事

PICKUP記事

  1. バリ島の通貨と両替所選びのポイント&オススメの両替所!旅行前必見!
  2. レンボンガン島の行き方や観光スポット・ビーチ・ホテル・交通手段まとめ!【おすすめのツアー会社と費用も!】 レンボンガン島まとめ
  3. バリ島旅行のみかたLINEスタンプ販売開始&ここだけの制作秘話!!要チェック!!
  4. 【総額4億OVER】バリ島での入院&治療費のやべえ話すっから、同じ轍は踏むな!
  5. 【2020年版】バリ島の治安情報と注意点・対策まとめ!旅行前に確認!【危険|犯罪|詐欺|スリ|狂犬病】
  6. 【2022年バリ島お土産まとめ】在住者厳選したバリ島の超人気お土産40選!
  7. 【※完売しました】バリ島旅行のみかた執筆!地球の歩き方【バリ島ランキング&テクニック】が発売!
  8. エアアジア(AirAsia)成田空港〜バリ島就航キャンペーンで早速バリ島へ直行してみた。【2017年5月25日就航】
  9. 【バリ島クタの人気街スパに潜入】ヤングスパ(Young spa)は雰囲気も価格も大満足!
  10. 貧乏バリ島旅行なら朝ごはんはローカルジュース屋さんへGO!!

バリ島開運ツアー体験レポート

バリ島セガラ_フォーチュンツアー

バリ発のアパレルアイテム

UNITEDMINDSの広告バナー

バリみかスタッフにいつでも旅行相談

バリ島旅行のみかたライター一覧

バリ島の文化一覧

おすすめ記事

バリ島旅行のみかた公式LINE@

PAGE TOP