バリ島スペシャル企画

バリ島旅行のみかたメインライターホリって一体どんな人物なんだ?

tabinaka_kijinaka おすすめのスパ5選 みかたブック

一応、早稲田卒でベンチャーに入社、太陽に恋い焦がれて気づけばこんなことに。

早稲田大学時代は、自然と哲学にハマっていって、次第に大学以外の人とはズレていっちゃって。哲学って何?!ってよく聞かれますが、要は、学問はすべて研究対象があり、医学は人間の身体、物理学が物体や動きですよね。哲学はその対象が「人間」や「人生そのもの」なだけで特に難しくはありません。

まぁ、普通の人はスルーできることが気になって仕方がない人たちがやる学問ですね。普通の人からすると「なんでそんなことに躓いてるの?!」ってことが気になっちゃって仕方ない。でも、気になって、考え始めることって哲学の世界ではかなり重要な才能で、それでよしとされるんです。ちなみに卒業論文は「不条理と自殺」について書きましたよ。これは全部話すと相当長くなるので、

簡単に説明すると「まぁ、クソ寒みい世界だから、最高にアツく生きようぜ」的な。

ファイル 2016-06-13 15 04 24

無駄に元気の有り余ってる学生がやっちゃうヒッチハイクもしっかりやりましたよ・・・いま読み返しても、いいねーという感じなのでそんなに頭の中は変わってないんでしょうね。笑

 

ファイル 2016-06-13 15 15 46

そのままIT関係のベンチャー企業に就職。インターンの時期を含め約1年半ほどサラリーマンをしたのち、バリ島に移住しました。

就職して働くって、僕の中ではほぼ初めての「組織」での体験だったんですよね。いままで、部活で全国大会にいくために一丸となってーとかいう経験をしてこなかったので。なので、10数人の小さなベンチャー企業でしたが、先輩とかの存在にすごい感動しちゃって、組織ってすげえなと思っていました。同じ期間でもできる幅がこう広がるんだなって。

それに加え、よく哲学って社会では通用しない無駄な学問って言われることがありますが、実際はめちゃくちゃ役に立つなとも思っていました。それは、カントの超越論的な思考が、とかプラトンのイデア論が、みたいなことではなく、物事の本質を捉える眼が養われていて、疑問に対してはしつこく「なんでだ。。。」と思うことができるという意味で。(哲学をやっていた人は俯瞰的に物事を把握する能力が半端ないっすよ、企業の採用担当者のみなさん。)

また、この時期にたくさんの方との出会いもあり、当時僕の上司であった、石川さん(現バリ島旅行のみかた編集部)にもよくご飯に誘っていただきました。日本のきたなシュランで。笑

仕事も大好きで、やりがいという意味では、エクセル関数を夜中までいじくり回してるときに脳みそスパークしてましたね!

そんな中、僕のテンションが太陽の有無に左右されるなってことに気づいたんです。

ロシアの有名小説が暗い、またラテン系の音楽が陽気なように、きっと太陽と人間、少なくとも僕個人のテンションの関係は真理だと気づいてしまって。

 

じゃあ、もういっそのこと、赤道付近に引っ越しちゃうべって!!

そこからはまぁ中々大変でした。それまでバリ島には2回旅行では行った事がありましたが、いざ移住ってなると、それこそビザは?とか、年金は?住民票は?みたいな。

かあちゃんは「え、暇だからワタシも行くー」とか言ってるし、本当に2日に1回くらいは「なんで同じ人間なのにそっち住めねえんだよ。」とか半ギレになりながら、でもいろんな人に支えられ、ご縁に恵まれ、無事移住することができました。

ちなみにこのバリ島旅行のみかたは、現在こそ【バリ島の旅行に関する情報サイト、メディア】として、運営していますが、当初はただの個人ブログ+αのような感じだったんですよ。

ふう、長いッ。では次に、よくある質問コーナーにいきましょうか!

みかたブック

よくある質問コーナー

○なんでバリ島に引っ越したのですか。

 →これが本当に一番多い。引っ越した理由は一つではないですが、一番は【好きな時に好きなように日向ぼっこしたいから】です。これが一番大きな理由です。シンプルな論理って一番強いと思う。

○バリ島を選んだ理由は?

 →赤道付近で、かつ日本人でも死ななそうだから!それこそ、アフリカや南米でもよかったのですが、住んだら結構死にそうだなって。突然撃たれて死んでしまって、総日向ぼっこ時間的に日本にいた方が長かったなんてことになってしまったら本末転倒ってやつです。うん。もともと旅行には2回ほど来たことがありました!

ファイル 2016-06-13 15 03 45

○何歳ですか?

 →1991年生まれの24歳です!誕生日は7月4日で、アメリカ合衆国と同じ日。毎年向こうの国で花火がたくさん打ち上げられるのをみて、勝手に「サンキュ」と思っています。

えー、ちなみにプレゼントは1年中お待ちしております。(→バリ島旅行のみかた編集部へお送りください! 〒157-0065 東京都田園調布2-22-2-202)

○何の仕事をしてるんですか?いつも何してるんですか?

 →んー。。。強いて言うなら、このバリ島旅行のみかたの、メインライター兼編集といったところでしょうか?いつもは朝起きて、日向ぼっこして、筋トレして、写真撮りに行って、記事書いてます!そんな毎日!今、はやりのノマドとか、そんな感じですー。特別記事書いたからお店から直接ルピアを僕が貰うようなことはありませんし、ビザの問題も特にはありません。(←なんだか、自分たちの利益を守るために僕のあらさがしをしている方がいるようなので言っておきます。)

○今までで一番大変だった記事は??

 →コスメの記事かなー、1時間以上スーパーマーケットで写真を撮っていて、気づいたら店員に7人くらいに囲まれてました。笑 しかも、さあ記事にしようと思って確認したら写真が200枚以上あって半泣きになりながら仕上げましたね!( →最新!バリ島のコスメ図鑑【総数100種類以上!】バリ島のスーパーで手軽に買える!)

○これからずっとバリ島にいるんですか??

 →未来のことはわかりませんが、今の心境としてはずっといたいとは思っています。詳しい計画はまだ秘密です!

○どんなところに住んでいるんですか?家賃は??

 →今はワンルームのアパートのようなところに住んでいます。家賃はRp.2,000,000(¥16,000程度)ですね。インドネシアの平均はわかりませんが、友達は1万円程度の場所に数人で住んでいたりするのでかなり高い方なのは自分でもわかっていますが、昔から家が大好きですし、ほとんど仕事場みたいなものなので、日当たりのいい気に入った場所にしました!(ちなみに在住の日本人の中では安い方だったりもします。)

ファイル 2016-06-13 14 48 20

○バリ島に住んでキツイことはなんですか??

トイレとゴキブリです。日本のようにコンビニに綺麗なトイレがあるわけではないので、わざわざ大きなショッピングモールに行かなければいけなかったり。笑 ゴキブリは実はめちゃくちゃいます。家にはいませんが、街にでると本当にたくさんいます。きっと観光でバリ島にいらっしゃると一度はみんな踏んでるはず・・・・・!意外に日本食が恋しくなったりはしません、食べようと思えば食べれるし、元からそんなに食に興味はないです。

>>次ページ:おわりに・・・・。


固定ページ:
1 2

3

4

関連記事

  1. 【調査】2017年バリ島旅行のみかたで多く読まれた記事ランキング…
  2. バリ島ZOOKAマリンスポーツで大遊びしてきた!インドネシア人ス…
  3. 【学生必見】バリ島が卒業旅行に超絶オススメな理由5選!予算、人柄…
  4. ちゃんなるvsホリ!勝つのはどっちだ!?バリ島の古着でファッショ…
  5. 【検証】バリ島のガイドってどこまでやってくれるの?有名なバリ王で…
  6. 【日曜日限定!】サヌールの老舗カフェのサンデーマーケット!
  7. バリ島の日本祭り(幸運な祭り)に行ってみた!日本好きのインドネシ…
  8. バリ島のデウス(Deus)は日本より安いぜ!店舗の場所をいくつか…

新着記事

PICKUP記事

  1. バリ島の通貨と両替所選びのポイント&オススメの両替所!旅行前必見!
  2. レンボンガン島の行き方や観光スポット・ビーチ・ホテル・交通手段まとめ!【おすすめのツアー会社と費用も!】 レンボンガン島まとめ
  3. バリ島旅行のみかたLINEスタンプ販売開始&ここだけの制作秘話!!要チェック!!
  4. 【総額4億OVER】バリ島での入院&治療費のやべえ話すっから、同じ轍は踏むな!
  5. 【2020年版】バリ島の治安情報と注意点・対策まとめ!旅行前に確認!【危険|犯罪|詐欺|スリ|狂犬病】
  6. 【2020年バリ島お土産まとめ】在住者厳選!バリ島の超人気お土産40選!
  7. 【※完売しました】バリ島旅行のみかた執筆!地球の歩き方【バリ島ランキング&テクニック】が発売!
  8. エアアジア(AirAsia)成田空港〜バリ島就航キャンペーンで早速バリ島へ直行してみた。【2017年5月25日就航】
  9. 【バリ島クタの人気街スパに潜入】ヤングスパ(Young spa)は雰囲気も価格も大満足!
  10. 貧乏バリ島旅行なら朝ごはんはローカルジュース屋さんへGO!!

バリ島開運ツアー体験レポート

バリ島セガラ_フォーチュンツアー

バリ発のアパレルアイテム

UNITEDMINDSの広告バナー

バリみかスタッフにいつでも旅行相談

バリ島旅行のみかたライター一覧

バリ島の文化一覧

おすすめ記事

バリ島旅行のみかた公式LINE@

PAGE TOP